【作業の効率化を進めよう】ワークフローシステムを使うメリットとは

時代遅れとならないために

女性

使い勝手が最重要ポイント

おおよそ1人当たり400円から500円で導入できるのが、ビジネスチャットツール。業務効率を大幅に高めることができるため、多くの企業が導入しています。また、コミュニケーションが新たな資産を生み出し、業績を向上させることも可能。まだ導入していない企業は、時代に取り残される危険性があります。電子メールはコミュニケーションツールの代表格ですが、形式的であるのがネックです。社外に送信する電子メールに定型文を入れることは当たり前ですが、社内に送信するメールにまで定型文を入れては業務効率が低下します。また、スピーディーに対応できないのも、電子メールのデメリットです。今すぐ決断を下す必要がある場合に、社員間でコミュニケーションを取れません。それに対しビジネスチャットツールは、定型文なしでいきなり内容に入れるのが大きな魅力。さらにスマートフォンなどのデバイスにすぐに通知されるため、スピーディーに業務を遂行できます。ただし、ビジネスチャットツールは、徹底的に使い勝手を比較する必要があります。社員が使いにくいと少しでも感じてしまうと、全く利用されない事態に陥ります。これでは業務効率化どころか、普段の業務に支障をきたします。使用画面をよく比較し、使い勝手の良いビジネスチャットツールを導入しましょう。また、他ツールとの連携の有無も比較したいポイント。ビジネスチャットツールを導入したからといって、電子メールが不要になるわけではありません。電子メールや顧客管理ソフトと連携できれば、より業務効率を高められます。社内にエンジニアがいる場合には、自社開発ツールとも連携できるかを比較するとさらに良いでしょう。

Copyright© 2017 【作業の効率化を進めよう】ワークフローシステムを使うメリットとは All Rights Reserved.